旬のフルーツを使った季節限定のおすすめのケーキ特集

ケーキは、いつの時代も皆を笑顔にしてくれるスイーツとして人気です。女性はもちろんの事、近年はスイーツ男子という言葉が生まれる程、男性からも支持を集めています。そこで、今回は季節ごとのおすすめのケーキを紹介します。

ケーキと季節の関係性

ケーキ屋に行けば、1年中ケーキを買う事ができます。その中でも、特に人気があるのが、季節限定のケーキです。季節事の旬のケーキの特徴は以下の通りです。

春限定のケーキの特徴

春限定のケーキと言えば、旬の苺を使ったケーキと桜を使ったケーキが多く店頭に並びます。特に桜は、他のフルーツと違って上に乗せずにクリームに混ぜる事が多いので、色々なケーキのアレンジに使えます。

例えば、モンブランのクリームに混ぜたり、ロールケーキの生地やクリームに混ぜる事もできます。また、チーズケーキのチーズに混ぜる限定のチーズケーキも美味しいですね。桜の場合、味というよりは香りを楽しむ事が多いので、ケーキの種類を問わずに色々な限定スイーツとして楽しむ事ができます。

夏限定のケーキの特徴

暑い夏の限定ケーキには、メロン、パイナップル、桃、ブルーベリー等のみずみずしいフルーツを使ったケーキが目立ちます。暑さを和らげるために、やや甘さを控えてさっぱり感を強調する傾向が強いので、甘い物が苦手な男性にも夏限定のケーキはおすすめです。

沢山のフルーツを盛り付けた夏限定のケーキは、見た目も華やかで食欲を駆り立ててくれますね。

秋限定のケーキの特徴

秋限定のケーキには、栗とカボチャを使ったケーキが多く出回ります。特にカボチャのケーキは、普段どのケーキ屋さんにも置いてある物ではないので、この時期の売れ行きが好調になります。栗のケーキと言えば最初に思い浮かぶのはモンブランですが、他には、栗をふんだんに使ったパイケーキやモンブランチーズタルト等のケーキも人気です。

一方のカボチャケーキですが、ハロウィンの時期と重ねてユニークなデザインのケーキが数多く登場するようになりました。カボチャは栄養が豊富なので、カボチャケーキは小さなお子様のおやつとしても最適ですね。カボチャもモンブランに混ぜたりムースケーキとして利用される事が多いです。

クリスマス限定のケーキ

1年で一番ケーキの需要が高まるのが、クリスマスです。苺をふんだんに使ったショートケーキと、チョコレートクリームにチョコレートでコーティングをしたチョコレートケーキに人気が分かれます。ホールケーキを買って家族で分けて食べる食べ方が主流でしたが、近年は個人で好きなケーキを別々に買って楽しむという食べ方も増えてきました。

ショートケーキの意味

ショートケーキは、本来スポンジにクリームを塗ったケーキの事を指していましたが、日本ではカットしたケーキの事を指すと認識している人が意外に多いです。店舗で売っているカットケーキの中には、ショートケーキと記載のあるケーキがあるので、消費者もショートケーキはカットしてあるケーキと認識している事があります。

ケーキを予約する際には、カットのケーキが欲しい時にはカットケーキ、ホールのケーキが欲しい時にはショートケーキと言って予約をしましょう。当日受け取りに行った時に行き違いで別のケーキを用意されてしまうというトラブルが防げます。

まとめ

季節限定のケーキとは、その季節で旬のフルーツを使った特別なケーキです。フルーツを沢山盛り付けしたりクリームに混ぜたりと、その幅広い楽しみ方があります。ケーキを予約する際には、ショートケーキはカットのケーキではなくホールのケーキの事を指すので、カットケーキを予約したい場合はカットケーキと言って予約しましょう。

About the author

admin

View all posts